削減するポイント|理想の住宅づくりするなら注文住宅|理想の間取りを実現
男性

理想の住宅づくりするなら注文住宅|理想の間取りを実現

削減するポイント

グラフと模型

新築一戸建て住宅を購入する際の費用

マイホームとして新築一戸建ての購入を検討している方は、契約の際に必要な費用を確認しておくといいでしょう。物件の頭金はもちろんですが、新築一戸建ての場合はそれ以外にもいくつかの費用が発生します。 契約の際に支払うのが手付金や印紙代です。印紙は不動産売買契約書に貼付するもので、契約する金額によって印紙代も変わってきます。購入する新築一戸建てが五千万円を超える物件の場合は三万円の印紙代が必要になります。 契約が終わると物件の引き渡しを待つことになりますが、その間に支払うのが不動産登記にかかる費用や住宅ローンの手数料等です。住宅ローンの契約書にも印紙代が必要です。 不動産物件は購入してしばらくすると、不動産取得税も納付しなければなりません。

一戸建て住宅を買うなら新築と中古のどちら

一戸建て住宅を購入する場合は、新築物件と中古物件のどちらかを選ぶことになるでしょう。新築一戸建てを選ぶメリットとデメリットをチェックしてみましょう。 メリットの方は何と言っても新しい建物ですから、設備や仕様が最新式になっているでしょう。機能性に優れており快適な生活が送れる住宅です。耐用年数が長いことや保証が付いていること等もメリットに含まれます。外構も真新しいため、好みの庭を一からつくることができます。 一方のデメリットですが、購入価格が高いという点が最も大きいでしょう。同じ地域でも新築物件と中古物件とでは、価格にかなりの差があります。また新築一戸建ての場合は契約する際に建物が完成していない場合もあります。